管理しすぎ?

子どもの夏休みもあっという間に中盤に入り、
息子が休みというだけで、どうしてこんなにたいへんなのかと考えると、それは手をかけすぎるから

野球にしてもほとんど夫婦そろってついているし、実家に帰っても子供のためにといろいろ企画してしまう。

私はそういうことができるためにも仕事を辞めたのでよいのですが、
はたしてこれがどれくらい息子のためになっているのだろうとふと考えたりします。

大人になって振り返った時に、楽しかったなといろいろ思い出して欲しいけれど、
去年の夏休みなんかいろいろがんばりすぎて、2学期が始まった頃にはすでに夏休みの初めに行った1泊旅行のことは忘れていました。

今はいろんな体験学習をさせなくてはという風潮もあってか、
子供向けのイベントがそこらじゅうで目白押しで、親もいろいろ探してきて参加しているようです。
でもなんだか親の自己満足で終わっているような…

自分の子供のころを思い出すと、親なんてほとんど関係なく毎日友達と遊んでいた気がします。
それでも子ども時代は楽しかった。一番楽しかったのは、ちょっと遠くまで子どもだけで冒険したりしたこと。

うちの息子は、最近、すべて私にスケジュール管理され、自由がない
自由がないということは責任もない。だから何でも親が決めてくれて、悪いことはすべて周りのせいと考えるようになっているような気がします。

もう少し自由にさせようと思っています。

子育てで難しいのは、親ががんばれば、手をかければうまくいくというものではないところですね。

今日は、朝から「今日の予定は?」

と聞かれたので、「自分で決めたら?」
と言ったら、

「あのオオサンショウウオの石があったところ(科学技術館)に行きたい」

というので、二人でに行きました。

でも何だか私が立てそうな計画と結局一緒だな~。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

ゆうまま
2009年08月14日 15:43
こどもだけで自由に決められる時間や空間が減っているって気もしますよね。特に都会では。一方で情報量だけはめちゃくちゃ多くて、子どもも大人も何を選んでいいのやら。。。
そうは言っても、だんだん、親の敷いたレールからそれていくものですけどね~。それはそれで寂しいものです。今日もわが家のMIはどこぞへと出かけていっちゃいました。

この記事へのトラックバック