国際結婚?

今朝、息子が

「次の日食は26年後だって~」

というので、

「そのころはSもおじさんになってるね」

と言うと、

息子:「うん。えーと34歳だね」(計算にちょっと時間がかかる…)
「子どもがいるかな」

私:「そーだね。誰と結婚するの?」

息子:「まだわからない。」(けっこう冷静な息子)
私:「どこにいるんだろうね~」

息子:「アメリカ人かな、インド人かな、イギリス人かな?」

私:「えー? それならS、英語しゃべれないとだめだね。」

息子:「うん、そうしたら子どもは日本語も英語もぺらぺらだね」


小学3年生にしてこんなことを言うなんてびっくりしました。
私が子どもの頃は国際結婚する発想なんてなかったと思います。

うちは別に英語を習っているわけでもないし、国際的な環境などまったくないのですが、
なぜこんなことを言ったのでしょう???

だんなも私も英語には苦労したので、Sが小さい頃、英語を習わせようとしましたが、
本人がまったくやる気がなかったのであきらめました。

その後、英語より日本語をまず何とかしなくてはと考えていましたが、
もしかしたら英語を勉強させるチャンスかななどと思ってしまいました。

将来、外国人と接するような環境で生きていくのかはわかりませんが、
自分とは異なる価値観や多様性を受け入れられる人になって欲しいです。
個人的にはそのほうが、語学教育より必要だと思っています。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2009年09月28日 19:40
Sも34歳か~。子どもが居るってことは 私たちはおばーちゃんってことだよね。。
ガクッ でも、もしそうなったら楽しそうだね。
英語家族になれるね。羨ましい
ゆうまま
2009年09月28日 20:05
おもしろ~い
Sくん、そんなこというんですか?ちょっとおマセさんなのかな?
それともうちのYUがトロイだけかな?
国際結婚だったら、親もたいへんそうだなあ。。。
2009年10月05日 11:39
>youkoさん
ホントにおばあちゃんだね。それまで元気でいなくては...

>ゆうままさん
うちの子は幼い方なので、なぜそういう発想になったのかはなぞです。
子どもっておもしろいですね。

この記事へのトラックバック